肥満の要因
 
肥満は個々の体脂肪の過度の蓄積です。それはペット中の栄養失調の最も一般的な形式です。また、それは身体機能に深刻なマイナスの効果を引き起こします。米国の犬の53%および猫の55%が肥満です。2007年と2011年の間に肥満犬の数はほぼ37パーセント増加しました。その一方で肥満猫は90パーセント以上増加しました 。
 
 
愛猫、愛犬の肥満の原因

肥満はエネルギー摂取量とカロリーが毎日のエネルギー消費量を超過した時に起こります。確かに、肥満に寄与する多数の環境上・社会的要因があります。食餌の与えすぎと室内飼いによる運動不足もひとつの要因です。スナックやトリーツもしばしば一日のカロリー摂取量を超える原因となります。

 
     
その他の要因
 
・食物への容易なアクセス

・カロリーが高いジャンクフード

・ストレス

・投薬

・室内での多頭飼い (猫と犬は人間の注意を引くために競争します。ご褒美を欲しがり、それによる与えすぎにつながります。)  
・避妊、去勢(ペット(特にオス猫)の活動を減少させ、食欲を増進させる傾向にあります。手術後の肥満を防ぐことの方が、肥満になってから減量をすることよりもはるかに容易です。 )  

・遺伝的犬種(ラブラドルレトリーバー、ゴールデンレトリーバー、コッカースパニエル、ビーグル犬は肥満になりやすいと言われています。)

 

・基礎疾患(猫および犬の肥満のおよそ5%以下は基礎疾患に起因します。減量計画を始める前にかかりつけの獣医師に相談することをお薦めします。)

 
 

肥満における健康被害

肥満は、心疾患、便秘(特に猫の中の)、皮膚病、糖尿病に結びつくインスリン抵抗性の原因、骨関節炎に結びつく関節応力と破壊の原因および縮小された可動性(犬の中の安楽死の主要原因)に結びつく場合があり、下部尿路疾患、尿失禁および膀胱結石に関係しています。肥満はあなたのペットの麻酔リスクを増加させ、飼主との大切な時間をを短くしてしまう恐れがあります。理想的な体重を維持し続けることは最良の予防医学であり、理想的な身体状態を維持することは病気のリスクを抑え、日頃から私たちが出来る唯一の栄養上の方法です。  

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 

 





 
 
 













Copyright 2001Office Profit International, Inc.All rights reserved